前記事で私が仕事で接したことのある派遣社員さんは1人だけと書きましたが
友人では派遣社員をしている人がもう1人います。

この友人が派遣社員になった経緯が、
へーそんなこともあるんだー!と思った記憶があります。
(一般的に派遣社員を目指す人にはあまり参考にはならないだろうけど

友人が勤めている会社はグループ会社、子会社などもいくつかあるような
いわゆる大企業で、そこへ友人は大学生のときから
教授からの紹介でアルバイトとして行ってました。
職種は完全な専門技術職です。
学科首席で卒業し院まで行った優秀な人なのでその経緯もうなづけます。
院修了後は同会社の同部署で正社員として採用され働いていました。

そんなとき会社が別事業子会社として人材派遣の会社を立ち上げたんです。
その後友人含め同部署、他部署問わず技術職の人たちは
その人材派遣会社の派遣社員扱いになったそうです。
とはいえ仕事内容や待遇にはそれまでと何ら変わりはなく、
期間がつけられるでもなく昇給にも何も影響はありません。
単純に名目上子会社である人材派遣会社所属の派遣社員扱いとなっただけで
もともとの正社員のときと何も変わらない状態で働き続けています。

たぶん新しい派遣会社なのでこれから人材を集めていくために
「当社ではこんな職種の人がこんな会社(有名な親会社や関連会社)に
こんな人数派遣されているんですよ」と宣伝するための
会社としての数字実績を作るために施された処置なんじゃないかと
友人は言っていました。

後に派遣から正社員に戻ってもそれは派遣会社が
「派遣社員から正社員になった人もいますよ」と言える
(嘘ではない)アピールポイントとなる。

…よくできたシステムだなー!と感心しました。

一言で派遣と言ってもいろんな会社、パターンがあるなーと思いました。



今回私も派遣会社にもう一度登録しようと思って
いろいろ調べてた中で面白い記事を見つけました。

「派遣会社なんてないほうがいい」
派遣業界の闇に一石を投じる派遣会社「リツアンSTC」社長が語る本音


私は前記事でも書いたように派遣社員に対して
アルバイトより少しでも高い時給で正社員に近づける働き方、
くらいの単純な考えで以前派遣会社に登録しましたけど、
派遣会社がどうやって儲けて成り立っているか?と派遣社員を
雇いたい会社がどうして直接雇用より費用のかかる派遣社員を
雇おうとするのか?を考えれば私なんかにろくな仕事の紹介が
なかったのは当然だと改めてわかりました。

一応地元の派遣会社に登録しておこうと思ってますが
即戦力にも何にもならないどころか普通に新卒の子と同じ、
職歴無し未経験のぺーぺー新人で教育期間も必要、なのに40オーバーの
おばちゃんにはやっぱり派遣社員になるのも厳しいかもしれませんね。



ある日の夜ご飯。
IMG_1720
おうちラーメンです。
ラーメンは大好きだけどお店で食べると高くつくので家で作る率高いです。
うちは今でも外食は少ないほうだと思うけど消費税が上がったらさらに
外食減ると思います

軽減税率の仕方おかしいと思うわ。
庶民向けの外食もだけど、生活必需品というなら
水道料とトイレットペーパーと生理用品も対象にしてほしい!

人気ブログランキング

今コメントのお返事はできていませんが全て読ませてもらっています。
ありがとうございます。
このブログのコメントへの対応の仕方はこちらに書いています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村





★ お小遣いサイト  モッピー 
スマホで空き時間にお小遣い稼ぎができる!
簡単なゲームやアンケート回答で
お小遣いをGETしちゃおう!
ネットショッピングでもポイントGET

▼ 無料会員登録はこちらから ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト