はーー…あっちゅう間にもう10月かー…
てことはもう年末もすぐそこ。
コロナも終息しないまままた冬が来てしまいますね

なんか私と私の気持ちと私を取り巻く状況はいろいろ落ちていってます
閉塞感、行き詰まり感がじわじわと。光が見えない。
仕事(売上)が減ってる、新しい仕事は得られない、稼げない、
お金がない!にほぼつきるんですけどね
世の中本当にお金さえあれば解決できることがかなり多い。
けど日々自転車操業の貧乏人はそこから抜け出せず不安もいつまでも消えない。


話変わって先月のこと。

電話(家電)が鳴る。
母が出る。そのまま会話が盛り上がっている。
母への電話かと思っていたら少し経って母が妹を呼んで電話をかわった。
会話が盛り上がっている。
あー妹への電話だったのかと思っていたら少し経って妹が私を呼ぶ。

わしかい!

私の友人からの電話でした。

かけてきたのは例によって例のごとく、
このブログに何度も登場しているあの友人です。
関連記事
結婚しないんじゃなくてできないんです
写真を撮られるときのポーズ
変わり者の負けず嫌い
接客のアルバイト
パスポートを持っていない
長縄跳びしよう

母と妹を私と間違えてたとかじゃないです。
どうしてる?元気?みたいな近況をそれぞれに聞いてたらしい。
小学生のときからの友達なんで家族ぐるみで仲良くしてもらってます。
私なしでも親同士で会ってたり、妹誘って遊びに連れてってくれたりします。
携帯じゃなくて家電にかけたのは家族とも話したかったからでしょう。

コロナ騒動が始まってから会ってなくて連絡とるのも
少なくなってたところに久しぶりの電話でした。

彼女もともと日曜は仕事や所用で遠方へ出かけることが多かったので
私と会えるのは土曜か平日でお互い時間がとれるときだったんですが、
それが今や仕事の半分くらいがリモートワークとなっているらしく
日曜も家にいるので遊びにおいでよーというお誘い電話でした。

彼女も実家住まいで、兄弟が結婚して家を出た現在は両親と3人暮らし、
実家の離れを改造して自営で仕事をしています。

そんな彼女の家に久しぶりに行ってみたら母屋のほうの一室が
ユーチューバーの部屋みたいになってる!

いや、私ユーチューバーの部屋なんて見たことないから
その表現が合ってるのかどうかわからないけど
撮影機材やらなんやらがセッティングされたスタジオのような
部屋ができあがっていました。
リモートのときはここで相手先と繋いで仕事をしてるんだそうです。

すげーハイテクだー!
本当はそうでもないのかもしれないが超絶アナログ人間の
私からしたらもう未到の世界です。

バリバリアナログ現場作業の末端アルバイトにしか採用されない、
できない私には一生到達できない職場形態を見せてもらいました。

ちなみに過去記事「子どものいない独身者にも支援がほしい」で
無くなったと言ってた彼女が出向でしていた仕事、今は復活して続けられてるそうです。



ある日の夜ご飯。
IMG_9660
おうちラーメンです。とっても良い(お高い)チャーシューを
いただいたのでそれを活かすシンプルラーメンとなってます(笑)
ちょっと沈んじゃってますが。

―――――――――――――――――――――――――
今コメントのお返事はできていませんが全て読ませてもらっています。
ありがとうございます。
このブログのコメントへの対応の仕方はこちらに書いています。



独身日記ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村