思い付きでテキトーにつけてる私のブログのタイトルは
ちょいちょい関係ないものが出てきます。

家に引きこもってる日は消費エネルギーが圧倒的に少なく
お腹もあまり空かないので1日1食~2食で量も少なくていいので
かなりコスパ良きです。



そんなGW、妹と二人だけの昼ご飯だったときに
前々からいつかやってみたかったことを決行しちゃいました。

赤いきつねとどん兵衛の食べ比べです。
この2つを作って半分こずつにし2人で食べ比べました。
udon1

くっだらねーと思ったそこのあなた、本当にくだらないので
参考にもなんにもなりませんよ。
大雑把な貧乏舌なのでそもそも味の違いがわかるのか!?
と私の味覚が失われてないかの確認比較と思ってください

udon2
両方ともWって表記されてる西日本仕様のカップ麺です。

開封時の見た目。両方スープのもと(粉)と七味がついてます。
明らかにわかる違いはお揚げの厚みとたまご玉のあるなしです。
黄色いたまごの玉?が赤いきつねには入っててどん兵衛には入ってません。
お揚げはどん兵衛のほうが厚いです。

udon3
出来上がり(七味かける前)

食べて私が感じた結果は
赤いきつねのほうがスープが甘い。
飲んだあとにちょっとくどさが残る。複雑な味がする。よく言えば濃い。
どん兵衛のスープは赤いきつねに比べるとすっきりした味で
甘さは控えめ。悪く言えば薄い。
麺はどん兵衛のほうが硬め、赤いきつねのほうが柔らかめ。
ただこれらは交互に食べ比べてみて初めてわかる程度で
別々に食べてたら私は全然気づかなかったくらいの差です。
両方に入ってるかまぼことネギにいたっては交互に食べてもよくわからず。
かまぼこは赤いきつねのほうがピンクが濃いっていう見た目の違いと
心なしか赤いきつねのほうがかため?ってだけ。

私が一番違いを感じたのはお揚げです!
最初の見た目でも違ってましたがどん兵衛のほうが分厚くて美味しいです!
赤いきつねのほうはうす揚げで裏表の皮と皮の2層ってかんじだけど
どん兵衛のは厚みがあって皮と皮の間に豆腐のスポンジ部分(←当ってんのかこの表現)
がちゃんとある3層ってかんじです。

総合して私はどん兵衛のほうが好きな美味しさでした。

ただあくまで私の好みでの結果なのでどっちが好きかは人それぞれだと思います。

あと私は赤いきつねから先に食べて、妹はどん兵衛から先に食べたんですが
スープの濃さを私は赤いきつねのほうが濃いと思い、妹はどん兵衛のほうが濃いと言いました。
赤いきつねのほうが甘いという味に関しての感想は妹とほぼ一致。

これもしかしたら最初に食べたほうが濃い味に感じるのかもしれないです。



緊急事態宣言、そうなるだろうと思ってた通り延長されましたね。
それはそれでしかたないことだとは思うけど、
だったら同時に補償の追加もちゃんとしてほしい。
このままじゃ本当にコロナより経済的に破綻に追いやられる
会社や人が増えていきます。

オンライン帰省やら新しい生活様式なるものの働き方も
私のようなアナログ人間やスマホもパソコンも持ってない
使ったことない高齢者にはハードルが高すぎます。
これをしろというならするのに必要な機材の提供とセッティングと
やり方のレクチャーをわからない国民全員に国がしてくれないと
難しい気がします。
↑もちろんそんなことが無理なこともわかってますが
それがあったとしても私の祖父母のような超高齢者が
今からできるようになるとは到底思えないのです。

人気ブログランキング

今コメントのお返事はできていませんが全て読ませてもらっています。
ありがとうございます。
このブログのコメントへの対応の仕方はこちらに書いています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村





★ お小遣いサイト  モッピー 
スマホで空き時間にお小遣い稼ぎができる!
簡単なゲームやアンケート回答で
お小遣いをGETしちゃおう!
ネットショッピングでもポイントGET

▼ 無料会員登録はこちらから ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト